コンテンツへスキップ

塗り方を間違えると効果激減!しっとり潤いのボディクリームの使用方法

冬が近づいてくると気になるお肌の乾燥。

年齢を重ねていくごとに、お肌の水分はどんどん少なくなっていってしまいます。

この水分量の不足が乾燥の原因。

そして乾燥を放っておくと、お肌はますます老化することに…。

いつまでもみずみずしく美しいお肌を保つため、お肌の保湿には常に気を使いたいものですね。

保湿といえば真っ先に思い浮かぶのは、ボディクリームなどを塗布することではないでしょうか。

顔に関しては毎朝・毎晩、化粧水と乳液を使って入念にケアしている人がほとんどでしょう。

ですが、ボディケアに関してはおざなりになってしまっている…という人もいるはず。

顔に比べるとそれほど年齢が出るわけではないので後回しになってしまうのも仕方ないかもしれませんが、いつまでも美しい肌でいることは罪ではありません。

どうせならば顔とともにボディもしっかりケアをして、いつまでもみずみずしいスタイルを保ちましょう。

さてボディの保湿ですが、実はしっとり潤う効果的な塗布方法があるんです。

これを知っているのと知らないのでは大違い!

一番最適な方法で、ボディクリームの効果を最大限実感しましょう。

大切なのはボディクリームを塗るタイミング。

みなさん、いつもボディクリームはいつ塗っていますか?

お風呂上がりにフェイスケアが終わったあと、テレビを見ながら?

それとも、寝る前にベッドの上で?

これが実は大きな間違いなのです。

ボディクリームを塗る最適のタイミングは、お風呂から出た直後。

体をバスタオルで拭く前の、体が濡れた状態で塗布するのがベストなんです。

乾燥というものは、お風呂から上がって体を拭いた瞬間から始まります。

その前にボディクリームで水分の蒸発を防ぐのが狙い。

濡れた体にボディクリームなんて…と思うかもしれませんが、驚くほど肌になじむんですよ。

べたつきもなく、湯上りでも肌がしっとりしているのを感じることでしょう。

ボディクリームを塗り終わったら、バスタオルで体を拭いてください。

ただ注意したいのは、ごしごしこすらないこと!

やさしく上から押さえるようにして水分をふき取ってください。